2013年11月11日

なにわ鍋

若鶏挽肉と合わせ味噌の造り出す『深みのあるコク』をお楽しいただくなにわ鍋は当店オリジナルの看板商品です。新店舗になっても作り方は以前と同じですが、なかなか紹介用の写真を撮影する機会に恵まれませんでした。

新装開店から1年経ち、ようやくお客様のご厚意をちょうだいして手順を撮ることができました。

卓上にガスコンロを置き、土鍋を火にかける 強火で鍋と汁を温めます。


二皿に分けた具材 具材は鶏挽肉と卵黄そして野菜。



箸で挽肉と卵黄を混ぜ、一口サイズにして鍋へ 挽肉と卵をよく練り合わせ、一口サイズにして鍋へ投入します。女将の手捌きをお楽しみください。



強火で加熱 火加減を調節しながら投入。



ネギ、しいたけ、豆腐、白滝などを入れる 次に野菜を入れます。



野菜を山盛りに投入 たっぷりの野菜を入れたら



鍋に蓋をして加熱。脇にはうどんが用意されている。 蓋をして煮ます。この段階でうどんを入れても構いません(それが本式?)



緑の葉が鮮やか できあがり。



鍋に残った汁にうどんを入れる 仕上げにうどんをどうぞ。



小鉢に取ったうどん



辛丹波の瓶とグラス お飲み物としては、たとえば辛丹波は如何でしょうか。





posted by 和亭なにわ at 00:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。