2017年02月20日

日本歴史文化講座(ヒスカル)「古墳時代 全10回」のご案内

当店を会場に、歴史書を扱う出版会社敬文舎が開く日本歴史文化講座ヒスカル。専門家が最新の研究成果を踏まえて、やや高度な内容を、わかりやすくお話しする連続講座です。歴史を学びながら、「仲間づくり」もできます。

古墳時代 全10回


考古学に科学・化学が導入されたこともあって、日本の考古学はめざましく進歩し、日本列島に住んだ人びとの暮らしぶりが、より詳しくわかるようになってきました。本講座では、古墳時代の10の項目を厳選し、最新の成果をふまえた解説をしていただきます。
※講座内容と講師は変更する場合がございます。

会場
和亭『なにわ』

時間
15:00-17:00(一部変更あり)

定員
25名

聴講料
1回(お好きな講座が選べます)2,000円、全10回(一括払い)18,000円(舎人倶楽部会員は、1回1,800円、全10回15,000円)

第1回 古墳の築造 3月21日(火) 日高 慎(東京学芸大学)
古墳はなんのために、どのように作られたのでしょうか。古代の土木工事と、大和ほか各地の古墳を概観します。

第2回 衣食住と暮らし 3月28日(火) 日高 慎(東京学芸大学)
人びとはなにを食べ、なにを着て、どんなところに住んでいたのでしょうか。人びとの暮らしはどんなだったでしょうか。

第3回 集落遺跡と信仰 4月11日(火) 車崎正彦(早稲田大学)
纒向遺跡、箸墓古墳、三輪山……古墳時代の集落遺跡を概観し、彼らの死生観や自然崇拝感覚、絵画の意味に迫ります。

第4回 海上交通と舟 4月18日(火) 日高 慎(東京学芸大学)
人びとはどのように長距離を移動したのでしょうか。船を作る技術や航海術とともに交易の実態をも考えます。

第5回 豪族の館と水の祭祀 4月25日(火) 日高 慎(東京学芸大学)
各地の遺跡や出土する埴輪から、水にまつわる祭祀を行っていたと考えられていますが、果たして古墳時代人と水との関わりは?

第6回 倭の五王と王権 5月16日(火) 車崎正彦(早稲田大学)
「倭の五王」といわれる王たちは、どのように自分たちの王権を継続し、勢力を維持することができたのでしょうか?

第7回 環境と体格、生と死、家族 5月23日(火)【時刻変更16:00から】 谷畑美帆(明治大学)
日本列島の環境はどんなだったのでしょう? そして人びとの体格、年齢、病気、家族は? そしてどのように死んだのかまでを探ります。

第8回 6世紀の日本 5月30日(火) 日高 慎(東京学芸大学)
今城塚古墳は、本当に継体大王の墓なのでしょうか? 継体大王を中心に、6世紀の日本の政治・外交を考えます。

第9回 馬の利用と馬具 6月13日(火) 車崎正彦(早稲田大学)
陸上交通は厳しかったが、馬を使うことで容易になりました。発掘資料と文献から、日本における馬利用の実際に迫ります。

第10回 7世紀の日本 6月20日(火) 日高 慎(東京学芸大学)
7世紀は、日本列島が大きく変化した時代です。その中心人物、推古女帝の政策と政治、権力闘争を見ていきます。

お申し込み・お問い合わせ
講座聴講をご希望の方は、①お名前 ②ご住所 ③お電話番号 ④参加人数 ⑤講座No.を、電話、FAXまたはメールで、敬文舎までお申し込みください。





神田神保町 和亭『なにわ』
TEL/FAX 03-3295-9358
E-mail:エヌエイエヌアイダブリュエイ@mbp.ocn.ne.jp
http://www.naniwadayo.com/


posted by 和亭なにわ at 00:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かわら版 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。